更年期障害 症状

更年期障害が起こる時期

年齢を重ねていくにつれて、それまでは気にならなかった心身のトラブルが突然表に出てくることがあります。特に女性にとって見逃せない問題なのが、更年期障害ではないでしょうか。

 

個人差はありますが、一般的に更年期障害は40代中頃〜50代中頃までの間に症状が表れると言われてます。女性の卵巣は、40代中頃から機能が衰退し、女性ホルモンの分泌にも影響を及ぼします。このホルモンバランスの変化によって、更年期障害があらわれることがあるのです。更年期障害は人によって症状の度合いが異なります。

 

ひどい人だと日常生活のさまたげになってしまうほどのつらい症状が出ることもありますが、気づかないほどほとんど症状が表れない人もいるのです。人によって症状が異なる理由としては、いくつか説があります。職場や家庭などの人間関係、あるいはその人の性格によるものなど、更年期障害の原因となる理由はさまざまです。

 

更年期障害の症状が見え始めるのは、子供が手を離れたり、親の介護が必要になったりと、生活スタイルに変化が見られる時期と重なるケースが多いとも言われています。こういった生活スタイルが変わることが、女性の体調にも影響していると言えるでしょう。
症状が気になったり、症状が悪化したりする場合は、専門医による診療を受けることが望ましいでしょう。一人で抱え込まずに、適切な治療やケアを受けることをおすすめします。

 

更年期障害の症状とPMS

40代以降になるとエストロゲンと言うホルモンの減少により、精神的な心の不安感や身体のだるさを感じてくる人も多いのではないでしょうか?

 

運動不足や加齢による疲れやすさもひとつの原因となりますが、ホルモンバランの乱れにより更年期障害が起こると言われています。10代〜30代までは女性ホルモンが多く分泌されているので、心と身体のバランスが取れている状態になっています。

 

しかし、日常の中で多くの女性が気分落ち込みや怒り、集中できないなどの変化に悩まされます。このような症状は月経前症候群(PMS)と呼ばれでいます。PMS イライラ、不安、気うつ、睡眠障害など影響します。症状は人それぞれでさほど変化が気にならない女性もいます。

 

また、40代〜50代の更年期となる女性は、更年期障害による症状なのかPMSによる症状なのか判断がつかないことでしょう。更年期は、ほてりや頭痛、だるさ、気分の浮き沈みなど症状が一定ではなく継続しますが、PMSは、更年期は日ごとに違う症状が継続して症状が落ち着くまでの期間が長いという特徴があります。一方PMSは、排卵日から生理が始まるまでの間、体調が悪いという違いがあります。

 

女性ホルモンは卵巣で作られますが、40歳を過ぎてくると卵巣の機能が低下すると共に、ホルモンの分泌も少なくなってきます。そして女性ホルモンの量と同じ分泌をされているホルモンに、性腺刺激ホルモンがあります。性腺刺激ホルモンは、女性ホルモンが減ると一緒に減っていきます。性腺刺激ホルモンが乱れると自律神経に影響を及ぼし働きが悪くなります。自律神経の乱れにより、めまい、冷え、頭痛、肩こり、手足のしびれなどが起こります。